not too late

音楽と本と映画と日々⑅︎◡̈︎*

めくれたオレンジ( 東京スカパラダイスオーケストラ)

午後7時過ぎ、横浜に向かう電車は満員。もう入れないだろう車両に、どんどん人が飛び込んでくる。
四角い箱にぎゅうぎゅうに詰め込まれた人間が、同じリズムで揺れる。右後ろから、頭も脇も脚まで誰かの体がくっ付いている。人と人ってこんなにピッタリ重なるものなんだと、ちょっと後ろを見たら、三十歳くらいの男性が私を見返す。
若い女性なら良いのに、母親ほどの女にくっ付かなきゃいけないこの子の悲哀を想像してまた前を向いた。

先日、音楽フェスから帰った娘が、ゲストで出演した東京スカパラが良かったと言う。
どんな風に良かったのと訊いたら、カッコイイ、おじさん達がカッコイイんだと、スマホから『SKA ME CRAZY』を聴かせてくれた。
興味が湧いて、アルバムをいくつか聴いている。歌モノも良いし、インストロメンタルもまったく飽きない。


中でも『めくれたオレンジ』が気に入ってリピートしている。がんばってスカして仲間を連れて、でも打ち明けられて本気にして、めくれたオレンジの皮から優しさがチラリと出てしまう。そんな歌詞を聴いたとき、ふと、あの横浜行きの電車を思い出した。
ポーカーフェイスのあの乗客達も、オレンジの皮を剥いたらどんな顔があるのだろう。それが笑顔だったり優しさだったりしたら、ちょっと嬉しい。

Bring back your loneliness
and stand up! Fight again!
Drive your soul forever
burn out your lazy days
Break out your loneliness
and throw your orange peel
Don't be scared!
come on!
go for your Brand-new days

 

めくれたオレンジyoutube

 

f:id:marico1209:20171112090800j:plain